時間は花が落ちる

2014年01月28日

窓の外の景色を見て、満目の素晴らしい、遅く街副虹彩、赤信号は空に掛かって。涼しい風が吹いて、吹き散らばる私の毛、行き交う人、なじみの後ろ姿は最初あの熟知した感覚に心が痛む。
思わなかった、多くの人は時間の中に変質。思い出は空に掛かっている翼の天使、その口に描き出して最も美しい弧、現実には心の中のあの恐ろしい悪魔が、信じられないに直面する勇気もない。かつてある人は私に教えて、時間になる人は、古い、歳月が人の心も変わって、もしかすると私は当初の無邪気な理解、私が高校のあの時に入るかもしれない人に最も真実の真実で、私は彼らのために自分を知らないで笑って、それともこの自分を失った判断で苦しくて、汚れた社会なんて、真偽偽の姿は非は私を読めない。
思わなかった、多くの事は時間の中に変質。あの時、私達は無邪気で、思う存分の微笑、思う存分に泣いて、今、私たちは大人が透ける愚か、強引な微笑、偽装ています、ただ夜のとばりの夜の一角に、やっとケン破い強さの堅い、音のしない。時折、耳元でくるいくつかの慰めが、分からないでどれが本当の自分と同じような切ない。かつて、母は教えてくれないでもうあんなひどいを着て、私は努力の私を放棄して好きな服装はまだ批判。時々本当に疲れたを知らないで、自分で何をするべき才能がすべてを停止の流言蜚語をしている、私は本当の自分は、いつも人に笑われる。
思わなかった、多くのものは時間の中に変質して、小さい時は小さなノートを満載している感情の文字が現れは十分に感動して、1つのとても大きい抱擁口から私がいると日光そう謙遜ぬくもり;今の小さなノートになって挨拶に友人が置き去りにされ、大きな抱擁と私ははおって一層の偽りの汚名。もしかすると世界が偽偽まで、本音も信じられない。私は悲しい、悲しい嘘になることができますか?私だけで何もしない評価。
は時間の中に変質して、私は流されても変質して、私は行かない想像も行けないうちに想像して、私はしっかりしていて、私はまだ何日の夢をしたい、私は心からのに対応するこの私が気になる人、彼らは私のストーリ、私の考えは、私の夢。
波の音を聞いてフロート、満耳の静かな砂浜にその足跡殘された文字列で、まだ。陽光を椰樹の隙間から、使い慣れた温もりは、突然気分は小さくて涼しい、心もだんだん失った温度。
思わなかった、約束は時間の中に変質。その時、あまり勢いにも満たない平々凡々として、私たちは知っていて単純に好きで、言えない言葉が満載に配慮、かつての一生はわずか一ヶ月、永遠に我々は予測できないが遠くまで歩いて交差点は二度と会わないで、永遠に消えてなくなる会う。今、私たちはもう叙顔つなぎの情のときは、身を隠し、に直面したくない。私は知って私はこのはあなたを喜ぶというか、自分に聞いたたびに私の心の中に隠してあなたの時には裏切りと私は愛しないな。
思わなかった、生活は時間の中に変質。あの時、私は若い軽はずみで、あなたを離れて、それでは熟知の後ろ姿は私はすべてを正視眼を、私は疲れが満載の元に戻るとすべてが1筆の持ったことがあって、ただもう戻れない最初の原点は、あなたのように言った私はふさわしくないあなたに再度待つは、あなたのように言う私の心臓は更に偏屈なは彼のために殘して、だから私は再びあなたを離れた時はあなたに教えてほしいあなたを探し当てて本当の女神を私執着しないで。生活が中断、あなたが私のために夢をあきらめないで強情な感情は当面の幸福のために、断念しない未来、生活の中の影響を及ぼし者だから、私ができないのためにわがままで許しを乞う。
思わなかったが、しばらくは時間の中に変質して、あの時私達は一緒に過ごした日々はそんなにのが楽しくて、手をつないて大手を振っては純粋で、しかしどうして今私は二度と見つからない当初あの感じ?時には私も勇気がないに自分の良い人、私は本当に分からないのが良いか、利用、私が以前より静かで、好きなことをしていることに、改めて、こんな感じで、あまり好き。
何を拭いてぼかして赤くなった夕陽になじみがよく、うずくまって世界の片隅に簡単に記念撮影し、時間も変質して私をどう堅持して最初の自分?
物語は翻結末まで、すべての姿は非、私はどのようにまた冷静な心とともに変わって苦しくて、私にどのようにゴーストタウンを守っている人を探しに行く新しい生活?
成長を得た最終的な強さに直面して、この歳月老いの悲しみ、私はどのようにまた殘っている最も無邪気な思想は行かない自分の靑春ではなく、自分より高い価値のために努力する
理由はない理由がない、本当に更に私を独自にしがみついてつかまえて放さない、この粒の単純な心もやがては濁りも汚い。  


Posted by yoyo at 11:40情感